それでも軽くならなかったら

それでも軽くならなかったら次の方法を試してみましょう

1. デフラグを実行する

PCに標準でインストールされている「デフラグ」というシステムツールを実行するだけです。パソコンというのは長く使用すればするほど、データがハードディスク上に散らばってしまいます。散らばると、それだけ必要なデータにアクセスする時間が増えてしまいます。これがパソコンの動作が遅くなる原因の1つです。

そこで、散らばったデータをひとまとまりに「整理」してくれるのが、「デフラグ」です。実行も簡単、週に一度ほど実行すればよいでしょう。ただし、ディスクの容量が大きければ大きいほど、デフラグ完了まで時間がかかります。

2. 不要な常駐アプリケーションを停止する

アプリケーションの中には常駐するものがあります。常駐ソフトウェアというのは、パソコン動作中常に裏側で動いているソフトウェアです。これはこれで便利なのですが、中には必要ないものも含まれているでしょう。Windowsの場合は、右下のタスクバーに小さなアイコンで示されています。必要ないものがあれば、そのアイコンをクリックもしくは右クリックで常駐解除できるものもありますので、解除しましょう。

3. SSDに換装する

おそらくこれがパソコンの処理速度を上げる最も簡便で最も効果がある方法です。ハードディスクをフラッシュメモリに変える方法です。ただし、SSD実装可能なパソコンに限り、またそれ相応の費用がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です