欠品は避ける

中古パソコン、いわゆるUSED商品のパソコンはそのセット内容にもよりますが

・リカバリディスクがないもの
・付属品が欠品してるもの
・電源コードのみしかないもの等

不安な要素があります。サポートも無ければ、いつ壊れてもおかしくありません。
大体は動作チェック等もされて、クリーニングされた後発送されるので、普通には使えますが
やはり突然の動作不良時には諦めるしかない事がほとんどです。

値段が安いものは疑えというように、あまり安いものには機能や動作に安定性はないかと思います

中にはショップ側でジャンク扱いされていたり、返品不可だったりと、中古パソコンならではの落とし穴もあります。

OSというパソコンの心臓部分とも言われるシステムさえインストールされていないもの等は各自がOSを用意しなければいけません。

とにかく安くなればなるほど後悔する確率も高くなります。
中古パソコンを購入するにあたっての宿命と言えば大げさかもしれませんがやはり、完全に安心して末永く使っていのであれば、新品が良いと思います。
中古パソコンでも使いやすいもの、値段以上のものあると思いますが、全てが全てそうじゃありません。

ノートパソコンだと厄介なのは液晶画面

デスクトップならばまだ良いですが、ノートパソコンだと厄介なのは液晶画面でしょう。劣化が激しく、画面が赤くなったり 暗くなったり液晶の寿命により、使用困難になる事多々あります。このように中古パソコンは何か不良が後に現れてきてもサポートもないので、諦めるだけとなってしまいます。なので初心者は新品をオススメすべきですね。
改造したり、自分に知識がある人ならば中古パソコンもお宝にはなるのでしょうが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です