中古パソコン購入の感想

pics1314

私は中古パソコンを多数購入してきましたが、適当に購入してしまうと、やはり新品に比べて当たり外れが大きいのも事実です。
ここでは、私の経験から中古パソコンの見極め方について書かせて頂こうと思います。

まず注意しないといけないのが、意外に高い物があるということです。中古パソコンの一番の利点である価格が、よくよくトータルで見ると新品の廉価品を買った方が安いというのはよくあることです。新品PCの値段もチェックした上で比較しましょう。

その次に、欠品や故障などがある物。DVDドライブの欠品・故障などは外付けDVDドライブを接続するのが苦にならない方であれば、値段も安く美味しい買い物になるでしょう。また、リカバリディスクが欠品の物は、WindowsのインストールCDをお持ちの方でサイトからドライバ等もダウンロードできるメーカーのPCであれば、それもお買い得な事が多いです。
逆に、使える状態にするのに金額や手間が大きい物、例えばノートPCであればACアダプタやバッテリーの欠品、ドライバが配布されていないメーカーでリカバリディスクが無い物などは、避けた方が無難です。

気になる故障のしやすさについてですが、私の個人的な体験では新品を購入するのとあまりかわらないように思います。
やはり元々は有名メーカーの物なので、しっかりしています。ただ、どうしても中古という特性上すぐに壊れてしまう可能性があり、保証も短めな物が多い点は考慮の上で検討して頂ければと思います。

中古パソコンを選んで買うのはかなり、というか、とてつもなくアマチュアには難しい仕事です。実際、中古パソコンにはハズレが多い。パソコンっていうのはああ見えても、ハードに動く箇所が多いため、経年劣化の影響をものすごく受けるんですよ。
で、普通の人はスペックとか、年数とかで見るんでしょうが、結局みるべきところは実は一つしかありません。
それは、綺麗かどうか。
これが意外と重要なファクターです。汚い、というよりも誇りがすごく溜まっていたり、外郭にすり減ったあとがあったりする場合には、かなりキツイ使い方をしていた可能性が高いと思います。そういうパソコンは「お陀仏」まであんまり間がないものとみて間違いないでしょう。
中古パソコンで買うならばタワー型がオススメです。ハードディスクを他に移し替えることができるため、万が一ぶっ壊れてもそれほど大きな痛手になりにくいというのがその理由。ノートパソコンだと取り外しもけっこうたいへんですし、なにより損耗がかなり激しいことが多いようです(持ち運んだりするからでしょうね)。
メーカー別なら、実はNECのパソコンが頑丈というか、堅牢な気がしますけれど。DELLなどもつなぎに買う分にはよいですね。それぞれ様々なチェックをして問題ないものを販売していますから、メーカーサイトなどの中古パソコンを購入するのがよいと思います。間違ってもHARD OFFでかっちゃだめですよ(笑)店によりけりですが、サポートが違います。ただ、周辺機器に関してはHARD OFFのような中古店が楽だったりします(新品がある場合もあります)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です