CPUが重い

CPUが重いということも考えられます。
私の場合、現在使用中のノートPCが、異常にCPUが重く感じる事があります。
何かしらの動作をするとすぐにCPU使用率が跳ね上がり、止まってしまったりします。

最初はネットを閲覧しているときだったのでブラウザが原因かと思いましたが、ブラウザを変更しても変わらず、ネットと関係のない動作でも重く感じるようになりました。

ウィルス、スパイウェア等は駆除したのですが、どういった原因があるのでしょうか。

CPUとメモリーの負荷、OSが関係している場合もあるとのことも考えられますので、こういった場合一概にはどうとはいえません。
しかし

HDD、CPU、メモリーをそれぞれ軽くしていくことで対処できる場合があります!

外付けHDD

外付けHDDはPCコーナーのある電気屋かPCショップどちらかにあります。また、ネットで調べると通販でも買うことができます。
HDD

HDDはUSB(PCの端子に線をつなぐだけ)に繋ぐだけで使えるので便利です。

CDに保存するという方法

その他の対処法として、PCの写真をCDに保存するという方法もあります。
その方法は、CDに入れたい写真を保存して、空のCDをパソコンに入れて、スタート→マイ コンピューター→CDのマークをクリックするで、その保存したいデータをフォルダの中に入れて、左端にある、保存をクリックすれば、保存できます。

また、パソコンの起動速度や快適性を回復する別の方法としてデフラグの最適化等があります。
デフラグは年に2~3回程度でないと効果はないのでスケジュールの設定はOFFにすることをお勧めします。

気付けばHDDもかなり容量が減っていたりします。
やはりHDDに色々入れてしまうと、余計なデータへのアクセスが増加してしまう為、パソコンの動作が鈍く思えてきます。
色々詰め込みすぎると、ファイル探しも大変な上に、データ量が多いファイルだと移動させるどころかフリーズしたり再起動したりする結果となります。動作が多少遅くても気にはないでしょうが、それが毎日使うパソコンだとイライラしたり
時間を無駄にしたり、足かせとなったりして、せっかくのパソコンなのに勿体ないですよね

やはりデータはフォルダごと分類して、なるべく本体には置かない事が一番だと思います。
この場合はUSBメモリであったり、外付けHDDへの移動が主でしょう。外付けHDDもストレージ周辺機器も無い方は
オンラインストレージがあれば無いよりはマシでしょう。やはり毎日使うパソコンですからストレスなく使いたいものです。
大きなファイルは本体には置かない事が一番です。後はパソコン高速化するフリーソフトを用いれば、イライラする程ではなくなります。
肝心なデータも沢山ありすぎてわからない所か、パソコンはウィルスにやられたら個人情報関係流出したり怖いですから大事なファイル等含め、大きいデータのファイル等は本体には置かない方が動作も速くなります。
メインPCにはついつい色々詰め込み勝ちだと思います。外付け等に移動させるのが本体の軽量化にも繋がり安全でもあります。
よくデスクトップに派手な演出したり、独特なアイコンを増やすのもユーザー様にはいますがあれも無駄な読み込みとなりますので、クリーンな画面を心がけて心もパソコンもクリーンな状態を保てるようにしたいですね。

OS

パソコンの重さはWindowsのOSにもよりますがやはり新しいOS程、重くなる傾向があります。

出来れば安定したOSで使う事をオススメ致します。
XPはサポート終了になる為、あまり、オススメ出来ませんが、今も尚、XPをインストールされたPCで販売されていますね。
確かに安定性はありますし、動作も軽いです。
しかしこれからバージョンアップしていくPCからやがてXPも消えていくでしょう。

PCの動作の軽い重いはほぼOSに左右されるといっても良い

PCの動作の軽い重いはほぼOSに左右されるといっても良いでしょう。一番は勿論PCの性能(スペック)にかかっているのですがやはり最新パソコンには最新OSが入っていますよね。マシンのスペック相当のOSでしょうから、古いPCとかでインストールされていたら動作に支障をきたします。
軽いOSを選ぶ事がマシンの動作の軽量化に繋がるとも言えます。

今はLinux系の軽量OSがフリーで公開されていますが、賛否両論あるみたいですね。
やはりWindowsで軽量なOSをご提供して頂きたいものです。
しかし今現在主流のPCのスペックからすれば
動作が重くなっても軽量化はシステムからすぐ可能でしょう。メモリやCPUも一世代前とは比較出来ない程ですからね。
進化していく上で動作が重い等という事ともおさらば出来そうな気がします。今の所はPCの動作について鍵を握っているのはやはりOSですね。

パソコンを自作してみる

私は現在メインのパソコン以外に5年前に購入したノートパソコンを使用しています。
今までは動作は非常に重く起動に5分以上の時間がかかったり、OSが起動してからネットなどのアプリを立ち上げるのにも非常に時間がかかっていました。

できる限りの応急処置を行いダマシダマシで使用はしていました、例えばCCleanerというフリーウェアのソフトを使用したり、メモリを2GBから4GBに変更したり等を行いましたが、自分が普段使用しているメインパソコンと比べると雲泥のさがありました。

もちろんスペックが全然違う事はありますが(ちなみに自分がメインで使用しているパソコンは自作でCorei7 965 メモリ12GB SSD256GB RAID0構成)なので5年前に購入したメーカーのノートパソコンと比べる事自体が間違いですが、普段仕事でも使用しているのでそろそろ限界を感じていましたが、新しいパソコンを購入するにも妻の逆鱗にふれるので、何とか2万円以内でメインパソコン並に使えないかと考えた結果、HDDからSSDに換装しOSもVista-32bitからwindows8-64bitに乗せ替えする事にしました。

予算的には自分の考えていた予算内

金額はSSDが7,980円でwindows8は8,980円。予算的には自分の考えていた予算内です。最初は敷居は少し高いように思い、かなり躊躇しましたが、結果は大正解でした

起動はかなり高速になり、電源投入からOSが立ち上がるまで1分もかかりません。(起動はメインのパソコンより早いです。)起動後のアプリの起動も劇的に早くなり、何普段仕事で使用しているエクセル何かもサクサク動いてくれます。
原型はそのままで5年も前に購入したパソコンがここまで早くなるのは自分的には大満足でした。OS交換はリスクが高いのでおすすめできませんが、HDDからSSDへの交換だけでも非常に効果的です。

もし同じような事を考えている方は、事前に色々情報収集はしたほうがいいです。
私の場合は自分の持っているパソコンの型番をネットで調べた際に同じような事を先にされている方がいましたので、そのサイトを参考に作業行いました。OS交換による不具合だと思いますがD-SUBのコネクタがOSを変更した事により認識しなくなりました、自分には不要だったのでかまいませんが、動作を軽くする方法はいくつかためしましたが、この方法が自分がいままで行ったなかで非常に効果的でした。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!